←つっこみphoto<14>

 

 

 

絵における駄洒落だね! 

618
歌川芳藤    「小猫を集め大猫にする」     江戸時代の浮世絵

猫でもって猫を創る。
そんな単純だけど、アホな事、真剣にやる所が、粋な旦那衆なんだろうな~

kuni2
こっちは、かわいい猫ちゃんたち     <没後150年 歌川国芳展>2011年より
suzukiblog3
歌川国芳     ギャグの猫ちゃん!

 

 

 

日本の夏には妖怪だね!

shop01
葛飾北斎     「百物語さらやしき」      原宿の美術館で見れるよ。(靴を脱いであがる綺麗な美術館)    昔の日本人の色彩とそのセンスには、ほんと、脱帽。

 

無残絵(むざんえ)という、とにかく奇怪な浮世絵ジャンルも・・
このジャンルは、澁澤龍彦などの神秘系に受け継がれてるかも?

 

yoshitoshi_5 (1)
月岡 芳年(つきおか よしと)  1839年~1892年   幕末から明治前期の浮世絵師       「魁題百撰相 佐久間大学」